全中建活動

2020年04月20日

4/14新型コロナウィルス感染症の拡大による緊急事態宣言を受けた対応について

政府からの新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言を受け、全中建としてもその対応について全国の会員団体あてに4/14(火)に周知致しましたことをご報告いたします。

20200417103444


4/8 緊急経済対策の閣議決定に対する会長コメント

令和2年4月7日付 政府より「財政支出39兆円、事業規模108兆円に上る対策を速やかに実行し、感染拡大防止と経済回復を目指す。柱として、〇感染拡大防止と医療提供体制の整備と薬の開発 〇雇用の維持と事業継続 〇官民挙げた経済の回復 〇強靭な経済構造の構築」について閣議決定されました。
そこで、全中建としても「新型コロナウィルス感染症対策室」を設置し(新型コロナウイルスの感染症対策室長 土志田会長・ 次長 河 﨑副会長・次長 小林専務理事)、土志田会長より各紙にコメントを発表致しました。(4/8付各専門誌に掲載)

【会長コメント】
20200417103851


4/3 新型コロナウィルス感染症対策に関する要望を提出

令和2年4月3日(金)新型コロナウィルス感染症が終息しないことから、土志田会長、河﨑副会長より『新型コロナウィルス感染症対策に関する要望』を提出してまいりましたのでご報告いたします。

【新型コロナウィルス感染症対策に関する要望】
20200417105701

【提出先】
・国土交通省 土地・建設産業局長 青木様
・  〃   大臣官房技術審議官 東川様
・自由民主党 国土交通部会長 小里泰弘様
・公明党 国土交通部会長 岡本三成様
・参議院議員 佐藤信秋様
・参議院議員 足立敏之様
・全国知事会・全国市長会・全国町村会・指定都市市長会


 内閣総理大臣より「指定公共機関」として指定を受けました!

このたび、当会は令和2年4月1日付けで、内閣総理大臣より、災害対策基本法上の「指定公共機関」として指定を受けましたのでお知らせいたします。

20200401 内閣府告示(指定公共機関)

 *防災業務計画を公開します。
20200401 防災業務計画


3/13 第6回通常理事会

令和2年3月13日(金)コートヤード・マリオット銀座東武ホテルにて、第6回通常理事会が開催されました。土志田会長より「通常理事会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。この度の新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け「工事の一時中止や工期延長の措置」がとられており、会員の皆さまには大変ご苦労いただいております。感染拡大防止対策がとられているこの時期に、理事会に、全国各地からご出席を賜り厚くお礼申し上げます。本日は席と席の間を少し広めにとらせていただいております。
全国各地で地震災害や局地的な集中豪雨などの自然災害が頻繁に発生しており、国民の生命・財産を守るため、社会資本整備の必要性から「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」が令和2年度まで集中的に実施されており、令和2年度の当初予算において公共事業予算の大幅な増額と令和元年度の補正予算も引き続き防災・減災、老朽化対策など必要なインフラ整備の推進が図られましたことに感謝しているところです。
昨年、新・担い手3法が成立し、働き方改革を進めるうえで、適正な利潤が確保できるよう工事発注及び引渡時期の平準化、適正工期の設定、適正な予定価格の設定、ダンピング対策の徹底、作成書類の簡素化、適切な設計変更対応など、受・発注者ともに連携して進めていく必要があります。
我々自身も新・担い手3法の趣旨を理解し、若者の入職促進や女性が活躍できるような環境を整備し、新しい3K(給与が良い、休暇がとれる、希望が持てる)が実現できるような魅力ある建設業界にするため努力して行く必要があると考えております。改正品確法の基本方針や入契法の適正化指針については昨年秋の閣議決定や、1月末の関係省庁連絡会議において取りまとめられた発注関係事務の運用指針の趣旨が地方公共団体の末端の担当者まで浸透することが重要であることから、国土交通省からの更なる指導・徹底をお願いしているところであり、2月20日に、青木土地・建設産業局長、東川官房技術審議官、住田官庁営繕部長、全国知事会、政令都市市長会、市長会、町村長会に窮状打開要望として強く要望してまいりました。
キャリアアップシステムにつきましても昨年4月から本格稼働しておりますが、全中建としても今後は取り組んでまいります。
会員の増強・拡大のため賛助会員制に関し昨年定款を改正し、皆様のご意見をいただければと考えておりますので慎重なるご審議を賜りますようよろしくお願いいたします。
中小建設業界をめぐる情勢は、非常に厳しいところですが、今後とも協会会員・会員企業が一丸となって、地域住民の安全・安心を守り、地域における主要産業として雇用を確保し若者の入職促進を図るなど、「地域社会に貢献する力強い地場産業」として、その役割を果たして行くことが大切であると思います。皆様におかれましては、全中建に対しなお一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。」と挨拶されました。

議題:・令和2年度事業計画及び予算(案)・会長表彰者(案)・会員入会・窮状打開要望等の報告事項等々