全中建トピック

2021年04月08日

3/30 赤羽国土交通大臣と建設業4団体との意見交換について

令和3年3月30日(火)赤羽国土交通大臣と建設業4団体(全中建を含む4団体:日本建設業連合会・全国建設業協会・建設産業専門団体連合会)との意見交換会が開催され、公共工事の円滑な施工確保、技能労働者の賃金水準の引上げ、建設キャリアアップシステムについて意見交換を行いました。
土志田会長より『令和3年度当初予算において国費ベースでは微増ながら、高い水準で公共事業関係費が確保されたことに感謝している。近年の自然災害の頻発・激甚化やコロナ禍による経済への影響に、地域を守る下支えを続けている中小建設業が持続的に発展するためには公共工事は必用不可欠である。そのためにも今後も発注者との意思疎通のためにも意見交換は続けていきたい。また、歩切りとダンピングの排除や若者の入職につながる取り組(賃金対策など)等についても今後も取り組んでいく。建設キャリアアップシステムについては、地方自治体が発注する工事を義務化工事とし、カードリーダー設置費用と現場利用料を現場管理費に計上して頂き、導入のメリットに繋がることで普及促進となると考える。』と述べられました。

HP「国土交通省等からのお知らせ (20210402 事務連絡「技能労働者の賃金上昇に向けた取組について」)」をご参照下さい。


全中建だより(令和3年3月8日 483号)

 全中建だより3/8号が発行されました。
 全中建だより(令和3年3月8日 483号)

主な内容
 ・令和2年度 ブロック別意見交換会のまとめ
 ・令和2年度 人材確保・育成対策等に係る実態調査結果
 ・令和2年度 全中建若手経営者部会アンケート調査結果 等


全中建だより(令和3年1月1日 482号)

 全中建だより1/1号が発行されました。
 全中建だより(令和3年1月1日 482号)

主な内容
 ・土志田会長 令和3年 年頭所感
 ・令和2年度全国ブロック別意見交換会
   ・四国ブロック(高知)意見交換会
   ・関東ブロック(神奈川)意見交換会
 ・赤羽国土交通大臣 令和3年 年頭所感 等


12/24 小此木内閣府特命担当大臣を訪問

令和2年12月23日(水)土志田会長・河﨑副会長が小此木内閣府特命担当大臣を訪問し、「防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策」の決定について謝意を表して参りました。

また、令和3年度予算編成における国土強靭化予算の配分、公共事業関係費の15か月分予算の確保についてもお礼を述べるとともに、中小建設業界の苦しい現状や、各地方での課題なども併せてお伝えして参りました。


12/17 菅 義偉首相と面談

令和2年12月17日(木) 菅義偉首相に土志田会長・小野副会長・河﨑副会長が面談をし、「防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策」の閣議決定に謝意を表するとともに、新型コロナウィルス感染症による景気の下振れや国土強靭化への対応として、令和2年度第3次補正予算と令和3年度当初予算で公共工事への大幅な予算の投資と編成、機動的な実施を要望して参りました。

また、現在中小建設業は公共事業の資材調達や施工能力に問題が無いこともお伝えし、国土交通省へ工事発注、引渡時期の平準化・設計歩掛の見直し・一般管理費の引上げ・自治体発注工事の最低制限価格を予定価格の95%以上に引き上げて頂くことなどを要望していることも併せてお伝えしていたしました。