全中建トピック

2017年08月17日

平成29年度 子ども霞が関デー・・・国土交通省

平成29年8月2日・3日に夏休みの恒例行事になつつあります「子ども霞が関デー」が開催されました。
今回、国交省の駐車場では、大人気のミニショベルをはじめ、耐震体験バスとハイブリッドバスも体験できるようになりました。
ミニショベルでのボールすくいでは、安全のためにかぶるヘルメットが大きすぎるぐらい小さなお子様から小学生高学年のお子様まで、とてもうまくショベルを運転し、たくさんのカラーボールをすくい上げていました。ミニショベルから降りる時の満足げなかわいい笑顔が印象的でした。

     
今年は初めて”大工のお仕事”で使う「のこぎり」「カンナ」「かなづち」の体験コーナーが開設されました。
のこぎりで作るものは、板を使うパズルです。切断箇所は、切り取り線のようにマーカーを入れてもらっているので、その線通りにうまくきれるかどうか。
中々普段使わないのこぎりに奮闘しているお子様たちも、できあがりのパズルには満足げでした。     

他にも多くのイベントが開催されていましたが、会場内にいくつか配置されているスタンプを押すスタンプラリーは、小さなお子様も参加できるもので楽し気に集めていました。

このイベントがお子様の楽しい思い出としていつまでも記憶に残り、建設業界への興味に繋がって欲しいですね。


7/3 安全衛生委員会

平成29年7月3日(月)明治神宮にて安全祈願祭が今年も開催され、安全衛生委員会委員の皆様と参加をして参りました。

終了後、KKRホテル東京にて安全衛生委員会を開催いたしました。新らしくご就任頂いております空久保 求よりご挨拶がありました。

本日の議題でもある、今後の委員会の進め方については「国交省や厚生労働省から講師をお呼びして新しいことを知るのは大切なことだから、今までどおりでいいのではないか」と委員より意見があった。空久保委員長は「現在、あらゆるところで働き方改革などを強く推し進めているが、工期が今までとおなじであるなら、中小建設業界はとてもできない。提出書類も相変わらず多く、いくら仕事をやっても終わりがない。そんな状況では、若手が入職するのは難しいし定着率だって悪くなる一方だ。しかも働き盛りであれば、体も壊しかねない。健康のことを1番に考えていかなければいけないのに、それができない現状を変えていくためには、工期設定や労務単価の見直しなどをやってもらわなければいけないと答えられました。

今後は国交省作成の「安全および健康の確保に関する基本的な計画(案)」に基づいてご講演と意見交換などをしていくとなりました。


全中建だより(平成29年7月1日461号)

全中建だより7/1号が発行されました。

全中建だより7.1号

●主な内容
・豊田新体制がスタート 平成29年度総会
・委員会 (財務・共済制度・広報)
・横山侑奈さんに聞く
●今後の行事予定
7/3 月「安全衛生委員会」KKRホテル
7/20 木「建設業振興対策委員会」KKRホテル
9/8 金「正副会長会議」「通常理事会」銀座東武ホテル
10/13 金「事務局長会議」KKRホテル
11/17 金「若手経営者部会」ヴィアーレ大阪
1/19 金「正副会長会議」「通常理事会」「協議員会」銀座東武ホテル


横山侑奈さんに聞く

(一社)愛知県土木研究会
 海部建設株式会社

『ポジティブに楽しくを心掛け』

――お仕事の内容を教えて下さい――
 予算内で設計図どおりに工期に間に合うよう、いつどのような工事をするのか、どこの会社の人間をどれくらい入れるのかと言ったことなどを考えたり、安全性に配慮して工事が円滑に進行するよう完成に向けてスケジュールを決めて施工を管理する仕事です。

――建設業界に入られたきっかけは何ですか――
 大学で土木関係を専攻しており、いまの会社を紹介して頂いたのが建設業界に入ったきっかけです。
 
――建設業界の魅力とは――
 何もない所に1つのモノが出来上がることや、地図に残ったり、人の記憶に残るモノを造れること。また、人々の暮らしや防災に役に立てることが魅力です。

――男社会と言われる建設業界で女性としてのハンデや良かったことなどありますか――
 まだ土木現場で働く女性は少ないので珍しがられますが、少ないからこそ逆に面倒をみてもらえたりするような気がします。また、男性が頼むより女性が頼んだ方が聞き入れてもらいやすかったりするような気もします。

――現場で働く女性の皆さん(女性技能者・技術者)に対する会社や現場の反応はどうでしたか――
 女性で事務職以外の入社は私が初めてなようで、会社の方にはいつも心配され気を使って頂いています。現場では多くの職人の方に驚かれますが、現場が明るくなったと言ってもらえることもありマイナスな反応は無かったかなと思います。

――女性が働く上で、建設業界や現場に求める改善点などはありますか――
 女性用サイズや透けにくくなっている作業着がお店ですぐに買うことができたり、軽量化された作業道具があればもう少し作業しやすいかなと思います。

――現場で常に心がけていることはありますか――
 ネガティブに仕事をしていると周りの雰囲気を悪くしたり、作業効率が落ちたりと悪循環になってしまうので、協力会社の方達とコミュニケーションを取りながらポジティブに楽しく仕事をしようと心掛けています。

――未来の自分について――
 資格を取得し、長く建設業にかかわっていけたらいいなと思います。

――建設業を目指している女性に向けてメッセージを――
 建設業界にはまだまだ女性は少なく懸念されがちですが、いまは、女性が働きやすいように少しづつですが変わってきていますので、興味を感じているのでしたらぜひ飛び込んでみて下さい。

――貴方の大切な時間を教えて下さい――
 友達と食事に行ったり、お酒を飲みに行ったり、旅行することです。せっかくの休日を家で過ごすのはもったいないと思ってしまうので基本的には外に出てリフレッシュしています。


平成 29 年度 1 級実地・2 級施工管理技術検定試験 受験講習会および受験用参考図書のご案内

地域開発研究所からの案内になります。

1級実地・2級 土木・建築図書案内

平成 29 年度 1 級実地・2 級施工管理技術検定試験 受験講習会および受験用参考図書のご案内

標記検定試験の受験講習会を、受験指導において永年の実績がある地域開発研究所の 主催、全国中小建設業協会始め、関係諸団体の協賛により各地で開催します。

■受験講習会の主な特長
① 試験の傾向を各分野で専門的に分析しているので、今年度の試験対策がつかめます。
② 広い出題範囲から重要ポイントを学習することで、合格ラインの確保をめざします。
③ 効率的に学習できるように、出題頻度の高い箇所を重点的に講義します。
④ 現場を長期離れられないなど忙しい皆様を対象とし、短期間で集中学習します。
⑤ 受験者が苦手とする実地試験の施工経験について記述ポイントを講義します。

■受験者から最も支持を得ている参考図書を書店、Amazon 等で好評販売中!!
受験用参考図書(テキスト、問題集)は、経験豊富な執筆陣が試験問題を徹底的に分析し、 丁寧にわかりやすく解説しています。独学用として、企業内研修用教材として、多くの方々 にご利用いただいております。

※講習会のお申込みはインターネット、郵便振替等による方法があります。詳しくは地域開発研究所 ホームページでご案内しています。また、法人様を対象に、「ちいき倶楽部」会員制度(一括申込割引 の特典など)もありますので、是非ご利用ください。
一般財団法人 地域開発研究所
TEL 03-3235-3601

■平成 29 年度受験講習会開催地
*1級実地
1級土木  講習期間 : 9 月上旬~9 月下旬  試験日 : 10/1(日)
開催地:札幌・仙台・さいたま・東京・松本・ 新潟・静岡・名古屋・大阪・岡山・ 広島・高松・福岡・鹿児島

1級建築  講習期間 : 8 月下旬~9 月中旬   試験日 : 10/15(日)
開催地:札幌・仙台・さいたま・東京・横浜・ 新潟・名古屋・大阪・広島・福岡

*2級 学科・実地
2級土木 
①講習期間 : 9 月中旬~9 月下旬   試験日 : 10/22(日)
開催場所:秋田・さいたま・東京・新潟・長岡・ 名古屋・大阪・広島・福岡・佐賀・ 鹿児島
②講習期間 : 平成 30 年 1/20(土)・21(金)  試験日 : 平成 30 年 2/25(日)
開催場所:東京・大阪  ※学科試験のみ

2級建築  講習期間 : 9 月上旬~10 月上旬    試験日 : 11/12(日)
開催場所:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・ 広島・福岡

※受験資格、受験申込(願書、受付期間)等詳細については、試験実施機関のホームページでご確認ください。
(一財)全国建設研修センター(土木・管工事)
(一財)建設業振興基金(建築・電気)