全中建トピック

2022年03月23日

全中建だより(令和4年3月10日号 489号)

全中建だより3/10号が発行されました。

全中建だより(令和4年3月10日号 489号)

 主な内容
  ・令和3年度ブロック別意見交換会のまとめ
  ・令和3年度人材確保・育成対策等に係る実態調査結果
  ・国土交通省と建設業4団体との意見交換会  他


積算資料ポケット版 「住宅建築編2022年度版」 発刊のお知らせ

一般社団法人 経済調査会の書籍のご紹介です

(一財)経済調査会は、新築住宅の建築費の目安や見積りの相場を知るための資料として『積算資料ポケット版 住宅建築編 2022年度版』を2022年4月1日に発刊されます。
本書は住宅・店舗の見積りに必要な工種別工事費・建材情報など約2万点におよぶデータを収録しており、工務店、設計事務所などにとっては、必携の実務書です。

特集
『木造住宅の省エネ性能とコスト比較』
2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、新たに設定された断熱性能等級に対応した住宅の仕様と、そのコストを比較・検討し、脱炭素社会で求められる住宅の性能について考察し、脱炭素社会に向けて住宅事業者が取り組むべきことを紹介しています。

『木造住宅の劣化対策、耐久性向上の処方箋』                  
 木造住宅の耐久性向上は、雨水の浸入や結露による湿潤などを防ぐ・逃す技術が肝要であり、これからの住宅に求められる長寿命化を実現する上で知っておくべき事柄や基礎知識をわかりやすくまとめています。

設計・見積り実例
県民の健康維持・促進を図るため、「とっとり健康省エネ住宅(NE-ST)」の普及促進に取り組む自治体の事業内容を紹介。「とっとり健康省エネ住宅認定実例」をはじめとして、「ZEH仕様、長期優良住宅」や「地域型住宅グリーン化事業」の補助金を活用した実例を掲載。施工時のポイントなどを交えて、具体的な仕様と詳細な見積り費用がそのまま公開されているほか、工事費用の分析もあり、設計提案に役立つ興味深い内容となっています。

全国の主要書店で発売  定価2,934円(税込)(A5判 752頁)

お申し込みはインターネット https://book.zai-keicho.or.jp/
または電話0120‐217-106 : FAX03-6868-0901
詳細はホームページをご覧ください  http://www.pocket-ban.com/


公共工事設計労務単価の引上げについての土志田会長コメント

2月18日に国土交通省から令和4年3月から適用となる公共工事設計労務単価が発表になりました。これを受けまして土志田会長からこコメントが発表になりましたのでお知らせいたします。
全国中小建設業協会といたしましては、働き方改革をより一層推進するための環境整備として、適正な労務賃金の支払い、労働環境の改善、週休2日制の完全実施など、当協会の会員団体及び傘下企業が一丸となって取り組んでまいります。

20220221 公共工事設計労務単価の引上げについての会長コメント


全中建だより(令和4年1月1日号 488号)

全中建だより1/1号が発行されました。

全中建だより(令和4年1月1日号 488号)

 主な内容
 ・土志田会長 令和4年 年頭所感
 ・令和3年度全国ブロック別意見交換会
    ・近畿(大阪)ブロック意見交換会
    ・東北ブロック意見交換会
    ・四国ブロック意見交換会
 ・斉藤国土交通大臣 令和4年 年頭所感 等


会員入会受付終了について

令和4年1月の受付は終了とさせて頂きました。
次回のご案内は3月初旬ホームページでお知らせを予定しておりますのでご確認下さい。
(ご入会の流れについて:5月の理事会を経て、会費等の確認が終了した企業様へ6月頃に証明書をご郵送する予定です。)
よろしくお願い致します。