協会事業活動

2018年07月25日

7/23 建設業振興対策委員会の開催

平成30年7月23日(月)KKRホテル東京において建設業振興対策委員会が開催されました。小野委員長より「暑い中ご出席頂き有難うございます。全中建では働き方改革に伴い特別検討委員会が立ち上がりすでに検討をおこなっておりますが、そこでの意見も踏まえこの委員会でも多くの意見交換をしたいと思います。本日は国交省より岩下室長にもお出で頂きましたので、入札関係の話なども交えて活発な委員会として行きたいと思います。」と挨拶をされました。

講師に国土交通省 土地・建設産業局 建設業課より岩下入札制度企画指導室長にお出で頂き「建設業の現状と課題」と題し、ご講演をして頂きました。

講演終了後、岩下室長を交えて委員との意見交換となりました。
働き方改革が受・発注者間のものでしかないことの問題点、働き方改革を推し進めるための工事の平準化や提出書類の簡素化の早急な対応、キャリアアップシステム導入に関わる問題点と今後、若手人材確保のための資格取得に関する提案等多くの意見が出され、岩下室長との活発な意見交換となりました。


7/18 全国知事会へ要望提出

平成30年7月18日(水)全国知事会に対し「平成30年度危機的状況にある中小建設業者の窮状打開に関する要望」を事務局より提出いたしました。要望内容は㈠公共事業予算の大幅な確保と地域の雇用と受注機会の確保 ㈠担い手3法及び改正品確法の運用指針の適正な実行 ㈠ダンピング排除 ㈠工事発注の平準化 ㈠設計労務単価の更なる引上げ ㈠最低制限価格及び低入札価格調査基準価格の引上げ、上限拘束性の撤廃、予定価格の事前公表の廃止 ㈠小規模工事の歩掛り及び小規模工事施工パッケージ型積算方式の見直し ㈠技術者資格取得要件の緩和 ㈠就労環境の改善 ㈠働き方改革推進 ㈠提出書類の簡素化の11項目です。全国の中小建設業の現状と厳しい状況などを伝えて参りました。

全国知事会 調査第二部 井上副部長(向かって右)


平成30年度建設事業者関係功労者等国土交通大臣表彰について

平成30年度7月10日(火)国土交通省にて、平成30年度建設事業者関係功労者等国土交通大臣表彰式が開催されました。全中建から2名の方が受章されました。

畑中孝治様(全中建 理事・みやぎ県中小建設業協会)
  

河津市元様(全中建 理事・東京林業土木協会)
  

当日はお祝いのために豊田会長も来賓として壇上に上がられました。

秋元副大臣

畑中様 河津様 本当におめでとうございます。


7/4 働き方改革及び生産性向上に関する特別検討委員会

平成30年7月4日(水)ルポール麹町にて働き方改革及び生産性向上に関する特別検討委員会が開催されました。

朝日委員長より「たくさんの問題がある中、皆様より多くの意見を頂き有難うございました。皆様と意見をかわしながら、全中建としての方向性を打ち出し、基本方針として取りまとめたいと思います。皆様より多くのご意見を頂き、いろんな面でトライできるものはしていけたらと思っています。」と挨拶をされました。

・長時間労働の是正等について(週休2日の推進、時間外労働時間の削減、有給休暇の取得について、職場環境の整備) ・処遇改善について  ・生産性の向上(ICTの活用・書類の削減)などについて意見交換を交わしました。また、香川県中小建設業協会 金本委員より傘下会員企業あてにアンケート調査を実施して頂き、その結果報告もして頂きました。

それらを基に「働き方改革に向けた具体的な取組について(案)」を作成し、全中建の方向性を示していくこととしました。


7/2 安全衛生委員会

平成30年7月2日(月)明治神宮にて安全祈願祭が開催され、安全衛生委員会委員の皆様と参加をして参りました。

終了後は会場を移動してKKRホテル東京にて安全衛生委員会を開催いたしました。

空久保委員長より「全国よりお集まりいただき感謝申し上げます。本日は建災防より講師の方がお見え頂いているので、安全衛生に関する講話をお聞きし、皆さんで忌憚のない意見を出し合っていきたいと思います。」と挨拶されました。

建設業労働災害防止協会 技術管理部 安全管理士 水野健介様より『労働災害の現況と最近の安全衛生情報』と題しご講演頂きました。
現在までの労働災害の情勢、就業者数の推移等に続き、労働災害に関する統計では建設業従事者が高齢化していることや経験年数が浅いなどから、現在も事故やケガ、死亡などが多くなっている。第13次労働災害防止計画、働き方改革加速化プログラムなどの取組みが計画されていることをご説明頂きました。

その後、現場の現状報告と改善について意見交換となりました。委員から、中小建設業は経営の安定が無い限りは生産性向上などに着手することはとてもできない。また、安定することで社員や現場従事者の健康も守られけがや事故なども減っていくと述べられるなど、活発な意見交換となりました。