全中建トピック

2019年04月08日

4/5 広報委員会

平成31年4月5日(金)に全中建事務局にて広報委員会(委員長 河﨑 茂様)を開催いたしました。
全中建だより3月11日号(第471号)の内容確認に続き、5月1日号(第472号)の企画検討を行いました。

全中建の動き、連載記事のほか、建設キャリアアップシステムの本格稼働や外国人受入れ拡大の話題など掲載
内容の他、パンフレットの見直し等について話し合いが行われました。


3/15 第5回通常理事会開催

平成31年1月15日(金)コートヤード・マリオットホテルにて通常理事会を開催しました。豊田会長より「本日はお集まりいただき誠に有難うございます。平成最後の理事会となります。そのような流れの中で、政府では新しく品確法が改正され、国交省では労務単価のアップ、キャリアアップの始動、外国人受入れなどさまざまな動きがございます。全中建としても防災関連と言う最重要課題の検討と併せて、皆様の地域での問題点などがございましたら情報提供を頂きながら、国へ要望を出すなどして活動を続けて参りたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します。」と挨拶されました。


議題:平成31年度事業計画(案)について スローガン(案)について、平成31年度窮状打開要望、平成32年度税制改正要望(案)等々


9/7・1/18・3/15 会員拡大・増強及び財政再建に関する特別検討委員会

9/7(金)コートヤード・マリオットホテルにて第3回開催

1/18(金)コートヤード・マリオットホテルにて第4回開催

3/15(金)コートヤード・マリオットホテルにて第5回開催
土志田委員長より「今回で5回目を迎え、これまで委員の皆様とは真剣に議論が出来ましたこと本当に有難うございました。先の見えるまとめができてり、5月の7理事会に向けて報告できるようにしたいと思います。」と挨拶がありました。
各委員とのまとめに向けての意見交換を行い、変更点については委員会終了後、メールなどで再調整を行い5月の理事会に報告できるよう最終の詰めに入ることができました。
今後の流れについては、同日の理事会でも報告といたしました。

 


全中建だより(平成31年3月11日471号)

全中建だより3/11号が発行されました。
全中建だより(平成31年3月11日471号)
全中建だより3.11月号
主な内容
・国土交通省と「意見交換会のまとめ」など報告
・会員拡大・増強特別検討委員会 開催
・第4回通常理事会開催
・平成30年度ブロック別意見交換会のまとめ
・平成30年度人材確保・育成対策等に係る実態調査結果
・神奈川県中小建設業協会、横浜建設業協会が国土交通省等と意見交換会 
・災害対応で「静岡スタイル」、道路啓開など、新たな取り組み
・「全中建京都 ネットラジオ」好評放送中
・都中建、第3回婚活パーティー 開催
・財務委員会・総務委員会・労務資材対策委員会 開催
・全建総連と意見交換 実施 等


積算資料ポケット版 「住宅建築編2019年度版」 発刊のお知らせ

一般社団法人 経済調査会の書籍のご紹介です

(一財)経済調査会は、新築住宅の建築費の目安や見積りの相場を知るための資料として『積算資料ポケット版 住宅建築編 2019年度版』を平成2019年4月1日に発刊されます。
本書は住宅・店舗の見積りに必要な工種別工事費・建材情報など約2万点におよぶデータを収録しており、工務店、設計事務所などにとっては、必携の実務書です。

特集
『「住み継がれる」ための安全・安心快適な家づくり』
・・・・「住宅ストック活用型社会」への転換期を迎えた現在に求められる新築住宅の性能について考案し、耐震性能と劣化対策に絞って解説しています。

トピック
『自社の環境・社会への取り組みを「SDGs」の17の目標に置き換え広報資料を作成しよう!』
    弁護士法人 匠総合法律事務所 弁護士 秋野 卓生

設計・見積り実例
『木造とRC造の混構造3階建て 自邸+賃貸からなる重層形態の住宅』
『高低差を活かす構成で建築費を抑えた都市型二世帯住宅』
 最新の施工事例を施工時のポイントやコスト低減の工夫をまじえて、具体的な仕様と詳細な見積もり費用がそのまま公開されているほか、工事費用の分析もあり、設計提案に役立つ興味深い内容になっています。

全国の主要書店で発売  定価2,880円(税込)(638頁)

お申し込みはインターネット https://book.zai-keicho.or.jp/
または電話0120‐019‐291 : FAX03-5777-8237
詳細はホームページをご覧ください  http://www.pocket-ban.com/